" 自動車を買取専門店に売却

査定額が高いのが最大の魅力

自動車 売却

かつては車を売却するといえば下取りに出すというのがあたりまえでした。

オートオークションの発展を背景に1990年代からガリバーに代表される新業態の「中古車買取専門店」が各地に登場するようになり、今ではこの買取専門店への売却も自動車場を売るときの有力な選択として定着しました。

あのトヨタ自動車でさえ2000年に買取専門店チェーンT-UPを立ち上げました。

現在中古自動車の買取は「買取専門店」を中心に回っているといえるでしょう。


■買取専門店に自動車を売却するメリットとデメリット

<メリット>

自動車の売却で買取専門店を利用する最大のメリットは、なんといっても査定額が他の方法より高くなると期待できることです。

新車値引きとの関連で下取りの方が売却額が高い場合もないわけではないでしょうが、やはり薄利多売というスケールメリットを背景にした高額買取のパワーは、新車ディーラーや中古車販売店のかなわないところのようです。

ネットで調べても確認することができますが、買取専門店の査定額は下取り査定額と比べて明らかに違うというのが定評になっています。

店舗に出向かなくても無料で訪問査定(出張査定)をしてもらえるのも買取専門店のメリットです。

査定額の高い買取専門店とはいえ、競争のない1店だけの査定では高額査定を引き出すのはむずかしく、かつては自分で「買取店巡り」をして査定額を比較することも行われていました。

今では、一括査定という便利な無料サービスのお陰で、3社も4社もの買い取り専門店が訪問査定をしてくれ、自宅に居たままで査定額を競争させることができるようになりました。

この一括査定の登場もあって自動車の売却に買取専門店を利用するケースはこれからもどんどん増えていくと考えられます。

価格にこだわるのであれば、自動車の売却先は買取専門店で決まりでしょう。

<デメリット>

買取の専門店であるだけに、数ある買取専門店の中には営業の連絡などがしつこい所があるのも事実です。

社員給与が買取成績による歩合制とかといわれる某大手買取店はネットの口コミでも「しつこい」との指摘が見られます。

でも最終的にどこよりも高く買い取ってくれるためのやり取りなら、それも一つのステップかもしれません。

そうでないなら「他にもっと高額の所があります」とはっきり伝えるだけです。

また、下取りと違って新しい車が来るまで代車を使うことになるかもしれないという点も買取専門店のデメリットでしょう。

高く買うだけにすぐにオークションや自社販売網に出し販売価格が下がらないうちに売ってしまいたいというのが買取専門店の一般的な事情です。

素早く買い取ってくれるのはいいのですが、次の車の納車まで代車を使わなければなりません。

これも、売却時期を事前に吟味して調整することによりデメリットを最小限にすることができます。


こちら 人気の車一括査定サービスを比較

おすすめのサービス 5段階評価            詳  細

かんたん車査定ガイド

★★★★★

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定

●最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。

●中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

★★★★★

全国展開大手の買取業者が多数参加

●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。

●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。

●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

カーセンサー.net
簡単ネット査定

★★★★☆

あの雑誌カーセンサー運営のオンライン一括査定

●加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。

●最大11社の見積もりが可能なのはカーセンサーだけ。
(他社は最大10社まで)

●メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。



※ちょっとお耳を拝借
人身傷害補償保険が登場してから自動車保険の補償もやっと充実したものになりました。
人身障害を付ければ搭乗者傷害保険は必要がないくらいです。 現にレンタカーなどは搭乗者障害をすべて人身障害に切り替えているようです。




このページの先頭へ